本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

若泉ファームのサイトにようこそ。お届けするクリスマスローズは最新花品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」、外覆輪のセミダブル「雅」、ホワイト糸ピコティ「First Kiss」、グリーンピコティ「翡翠」、赤い雄しべをもつ「卑弥呼」、 第四のクリスマスローズ「Shall We Dance」などオリジナル品種と、庭で楽しむガーデニングに最適なヤマアジサイを中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月はクリスマスローズ、4〜6月にはヤマアジサイの販売を行っています。

クリスマスローズの糸ピコティとは

糸ピコティ

クリスマスローズ ホワイト糸ピコティ ダークネクタリー
クリッスマスローズ シングル ピンク糸ピコティ レッドネクタリー
お客様から糸ピコティとはどんな花かという質問が来た。
それは幾つものホームページなどを見ている方からだったが、「糸」というからには絹糸なのか、それとも木綿糸なのか、はたまた船を繋ぐロープや凧糸のような太い糸を言うのかという質問だった。

この質問は、大変的を射っている質問だった。
10年近く前に、この白の糸ピコティを作ったとき、クリスマスローズの栽培を趣味にしている方に花を見せたことがある。
その時「糸ピコティだ」と言ったときが、この糸ピコティの名前の由来の始まり。
まだその時は交配してから僅かしかたっていなくて数株しかできていなかったが、その名前の名付け親には記念に一株差し上げたことがある。
その頃はまだクリスマスローズも一般には普及していなくて、シングルの黒やアプリコットさえ珍しかった頃で一般には糸ピコティって?の状態。

クリスマスローズ 糸ピコティ セミダブル(アネモネ咲き)
(リンク)
究極のクリスマスローズ糸ピコティダークネクタリー&糸ピコティダブルホワイト


クリスマスローズ糸ピコティのネットショップ

試行錯誤していくうちにこの糸ピコティの赤く入った糸はできる限り繊細に細く品良く。
そして何より他のクリスマスローズと並べても花が出しゃばらない奥ゆかしさが必要、白の花弁に細く入った糸に気がつく人だけに購入されて行くようにと。
なんでもかんでも珍しければ売れて商売になると言うところが日本の園芸事情の難しいところ。帯や船を繋ぐようなロープに見えるピコティでさえ糸ピコティとされているところが、糸ピコティの糸の意味さえ理解されていないことを示している。

クリスマスローズ シングル クリームイエロー糸ピコティ
糸ピコティの糸は絹糸の繊細な細さとエレガントさ。
これが正解です。
糸ピコティの糸の色は赤から紫が克った赤などが中心だが、糸そのものは一ミリ程度の幅を持ったピコティ。
通常のピコティは花弁の外側に入り内側に入るのが少ないのですが、糸ピコティでは花弁の内側と外側に入ります。
またピコティが花弁に滲んだりせず、写真のように花弁の周囲にくっきりと入る。

もともとピコティ(覆輪)という名が付けられているように、花弁の外側と内側の縁に極細い絹糸が巻き付けられているようにピコティが入るタイプのクリスマスローズガーデンハイブリットを言う。
花弁が開き雄しべが一本程度、花粉を出すタイミング、この時点で一ミリ程度の幅を持った滲みのないピコティ。

他の花の中にも「糸ピコティ」と呼んでいる植物も有るだろうが、クリスマスローズガーデンハイブリットでは木綿糸や凧糸では通常のピコティ。
一口にピコティ(覆輪)と呼ばれているクリスマスローズのタイプには花弁の外側に刷毛で色をなすりつけたようなタイプの花もある、また目立つように太くピコティが這っているタイプの花もあるが、糸ピコティは絹糸のように繊細な感じでピコティが入ります。


 

クリスマスローズガーデン花と園芸の情報