本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

冬の貴婦人若泉ファームのクリスマスローズガーデンにようこそ。お届けするクリスマスローズは最新花品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」「雅」「Shall We Dance」、赤い雄しべをもつ卑弥呼やダブルの糸ピコティ、翡翠などオリジナル品種を中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月は直売を行っています。

日本クリスマスローズ協会へのお誘い

日本クリスマスローズ協会とは

日本クリスマスローズ協会は1998年2月に、園芸趣味家・園芸植物生産者たちの有志の集まりが発展し、クリスマスローズの普及・育て方の研究などを目指して発足した、日本で唯一クリスマスローズ愛好家の団体です。
会員は北海道から東北・関東・関西・中国・九州地方など全国に広がり、会の発足以来東京都神代植物公園での展示会・池袋サンシャインシティで行われるクリスマスローズの世界展・海外ツアー・講演会・ヘレボルスの種苗や種子の配布などと活動を活発化させています。


日本クリスマスローズ協会のイベント
2月 クリスマスローズ展示会(東京都神代植物公園と池袋サンシャインシティ)
クリスマスローズの咲き誇るこの時期、日本クリスマスローズ協会のイベント2つのクリスマスローズ展示会を開催します。毎年2月初旬、火曜日から日曜日まで6日間にわたって開催されるのが、東京都神代植物公園で開催される日本クリスマスローズ協会員による「クリスマスローズ展示会」です。
1998年より毎年つづいていて、いまや神代植物公園の冬の風物詩として、このクリスマスローズ展示会は欠かせないものになっております。
次のイベントは2月下旬に開催されるのが東京池袋サンシャインで開催される「クリスマスローズの世界展」です。(株)サンシャインシティと日本クリスマスローズ協会との共同企画・運営で、毎年金曜日から日曜日の3日間にわたり開催され、ナーセリーなどのプロ・アマ協会員による鉢植えの名品が多数出品され、売店ではクリスマスローズの関しての様々な工芸作品や押し花・苗・開花株が販売され、クリスマスローズ栽培相談や講演会が開催されます。
この神代植物公園の入場者は寒い冬の最中6日間でゆうに1万人を超え、同じくサンシャインシティの「クリスマスローズの世界展」には、3日間で全国から1万人以上のクリスマスローズ愛好家達が訪れます。

神代植物公園クリスマスローズ展示会の入り口
神代植物園展示会の入り口
展示会場のクリスマスローズの植栽
展示会会場の植栽
日本テレビ みのもんたさんの番組で神代植物公園の展示会を紹介
日本テレビ、みのもんたさんの番組で紹介(日本テレビ放送画面より)
番組でクリスマスローズを紹介する人気キャスター佳代ちゃん(この日は佳代ちゃんの誕生日だった)
番組でクリスマスローズを紹介する広報担当の野口氏と司会の佳代ちゃん(日本テレビ放送画面より)

池袋サンシャインシティクリスマスローズの世界展の展示会場


池袋サンシャインシティ、クリスマスローズの世界展の展示会場

池袋サンシャイン、クリスマスローズの世界展の会場即売会の様子、女性のお客様が多い。
2003年に池袋サンシャインの展示を飾ったアーグチフオリゥス
2003年 WAKAIZUMIFARMが「池袋サンシャイン・クリスマスローズの世界展」に出品したアゥグチフォリウス

平成13年講演会

クリスマスローズの夕べ 講演会
アシュウッドナーセリー ジョン社長の講演会
平成13年にはイギリスのアシュウッドナーセリー・ジョンマッシー社長によりナーセリーの新しい品種や情報を講演していただき、またコメンテーターとして荻巣樹徳氏が参加され、講演が終了した後には懇親会が盛大に開催されました。
右側がアシュウッドナーセリー・ジョンマッシー社長、左側が通訳を務めました横山園芸・横山直樹氏。

10周年記念講演会 平成19年6月23日(土)
講演 英国ヘレボルスナーセリー アシュウッドナーセリーオーナー ジョン・マッシー氏

3月〜4月 原産地を訪ねて・海外ツアー
「クリスマスローズの原産地を訪ねて」と題して2年に一度、ヨーロッパで自生のヘレボルスが開花する3月から4月に海外ツアーを企画しています。
日本クリスマスローズ協会の会員の皆様には会報にて優先的にお知らせをし受付をしています。
これまで、イギリスのナーセリーとスロベニア(2002年)、クロアチア、ボスニア・ヘルツィゴビナ(2004年)、チェコ・ハンガリー・クロアチア(2006年3月)の3回が催行され多くの会員の皆様が参加され、イギリスのヘレボルス研究家ウィル・マックルーィン氏の案内により、効率的にクリスマスローズの生育する原生地を観察できました。

2006年クリスマスローズ協会、海外ツアー。ハンガリーのヘレボルス自生地で昼食の様子
ハンガリーの自生地での昼食の様子
オドラスの自生地 クロアチアカス
(↑)自生地での原種オドラスとヘパチカ・(→)クロアチアカス
ハンガリーでのお別れ会、レストランでのダンスと音楽を聴きながらのディナー
ハンガリーでのお別れ会、レストランでのダンスと音楽を聞きながらディナーを楽しみます

5月〜7月 研修ツアー
会員の皆様にクリスマスローズだけでなく、多くの園芸植物に興味を持っていただくのと、会員相互の親睦を深めるため毎年この季節に開催されます。
通常は日帰りですが隔年で一泊のツアーとなります。
今までは、八ヶ岳周辺のナーセリー、群馬県天城植物園、筑波植物研究所、静岡花博ツアー、富士山周辺のナーセリー巡りなどが行われました。

10月〜11月 講演会
「クリスマスローズの夕べ」が開催されます。クリスマスローズや園芸植物に関した様々な知識を、各界のエキスパートの先生方に講演していただきます。
この会には専門家やナーセリーなどの生産者も数多く参加しヘレボルスの情報交換がされますので、栽培の疑問、種類、品種の事など様々な新しい知識や情報を得ることが出来ます。

日本クリスマスローズ協会 第10回講演会

総会
日本クリスマスローズ協会の総会は、毎年神代植物公園での展示会最終日に開催され、事業報告並びに会計報告などが行われます。


協会設立10周年記念行事 
日本クリスマスローズ協会創立10周年記念特別講演会
究極の美の探求者:アシウッドナーセリー社長 ジョン・マッシー氏


ドイツの有名植物家 ジゼラ・シュミーマン女史 (Gisela Schmiemann)
クリスマスローズに感動を与える一期一会の講演会


会員の特典
1 会報の配布
年二回、事務局より会報が発行されます。イベントの紹介、会員の動向、クリスマスローズの育て方などについてのQ&Aなどの情報を知ることが出来ます。
2 種苗、種子の配布
珍しい種類の種子や苗などをタイムリーに配布いたします。
また種子、苗などを廉価で斡旋します。
3 講演会へのご案内
年一回秋に開催される講演会に優先的に会員価格で参加できます。
4 展示会への出品
日本クリスマスローズ協会最大のイベント神代植物公園・池袋サンシャインで開催される展示会に、会員が栽培しているご自慢のクリスマスローズを出展できます。
5 展示会への入場特典
会員証を示すことにより池袋サンシャインで開催される「クリスマスローズの世界展」に無料で入場できます。
6 研修旅行
年数回開催される研修旅行(国内・国外)に、特別料金で参加できます。


規約抜粋
日本クリスマスローズ協会会長 畑中孝晴
(目的)

会はクリスマスローズ(キンポウゲ科ヘレボルス属)の植物の育成、発展、普及、を図ると共に会員、一般愛好者啓蒙および親睦活動を行います。
(事業)
1・展示会の開催
2・会員を対象とした研修会及び見学会。
3・種苗等の提供。
4・会報の発行
5・その他、会の目的達成のための事業ならびに技術指導、開発に対する援助、後援などです。
(会員)
会の趣旨に賛同し入会手続きを行った者。
(役員)
会の運営のため、会長、事務局、会計、会計監査をおきます。実際の運営は常任役員が当たり、会の重要な事項の決定については選任された理事が行います。
(役員)
理事は総会で承認されます。常任理事は理事の中より会長が委託します。会長、事務局長、会計、会計監査は常任理事会において互選されます。
(役員の任期)
2年。再任は妨げません。
(会議)
1 定期総会は毎年2月に開催されます。特に必要のある時には常任理事会の要請、または会長が招集します。
2 常任理事会、理事会は必要に応じて会長が招集します。
(定期総会)
事業計画、予算、決算の承認、理事の選任などを議決します。
(常任理事会)
事業計画案、理事会で議決すべき事項の決定、緊急を要する事項、その他、会の運営に必要な事項の審議、議決をします。
(理事会)
総会に提案する議案、常任理事会から付議された事項、その他審議が必要な事項の議決をします。
(地方支部)
啓蒙活動、会員間の親睦を図たるために設置されます。
(会計)
会の運営は会費、事業収入などで行われます。
(入会・退会)
入会希望者は入会金、年会費を納入します。退会は会員の申し出によります。
1年以上会費が未納、常任委員会において会員として相応しくないと判断したときには退会とします。
退会の場合には既納会費は返却されません。

(入会金・年会費)
一般会員   入会金2000円  年会費3000円

会費は展示会の開催費用、会報の作成、発送、会議費、視察ツアーの一部負担、講演会の開催、地方支部の活動補助など会の運営に使われます。
会計年度は1月1日から12月31日までで、翌年の会費納入は会報送付時に振替用紙を同封いたします。
協会の運営は会員有志のボランティアによって行われています。

入会申し込み郵送宛先は
〒184−0004 東京都小金井市本町4−16−2
日本クリスマスローズ協会 畑中
孝晴
その他お問い合せ・ファクシミリなどは
日本クリスマスローズ協会   畑中まで
FAX 042−383−0762
日本クリスマスローズ協会では随時入会の受付をしています。