本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

若泉ファームのクリスマスローズガーデンにようこそ。お届けするクリスマスローズは冬の貴婦人最新品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」「雅」、赤い雄しべをもつ卑弥呼やダブルの糸ピコティ、翡翠などオリジナル品種を中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月は直売を行っています。

クリスマスローズの育て方 冬12月 December


鉢植え株の置き場所
12月のクリスマスローズ 太陽にしっかり当てましょう
寒さが厳しくなってきた12月ころには、花芽が完成している花株を寒風の当たらない場所か軒下などに移動いたします。
日照時間が短くなる12月には鉢に当たる太陽の熱も僅かとなり鉢が暖まりにくくなりますので、時々
鉢を回転させ鉢内部の温度を平均化させるようにします。
鉢の回転をさせますと鉢の中の根が平均的に伸び株の充実と開花の平均化に役に立ちます。
日照の弱い北国の地域や冬の季節にはぜひとも心がけていただきたいと思います。
11月頃には小さな花芽が茎の基に付いていましたが、春に出た葉を切り日光を燦々と当てるようにしますと花芽は充実してきます。
クリスマスローズの草そのものの成長速度は緩慢になり秋に発生した葉色は濃くなりますが葉そのものにはあまり変化は見られなくなります。

地上にでてきた原種チベタヌスの蕾の状態原種チベタヌスの蕾
ハイブリッドの蕾

種を蒔いた苗床の管理
種子を蒔いた苗床は霜柱が立つような霜に数回当てるようにします
発根した根が夜間強い霜で浮かび上がるようなときには、暖房をしていない玄関や軒下に移動させ用土が凍り付かないようにします。
また寒気が強くなり種を蒔いた鉢に霜柱が立つようになりましたら夜間だけでも
新聞紙や寒冷紗などで鉢を覆うようにすると良い。
雪国や寒冷地での苗床の管理は雪に埋もれさせ春の雪解けまでそのままで置くか、あるいは上記のように夜間は暖房をしていない室内に避寒させる。
病気予防のためにベンレートなど殺菌剤の散布は忘れないようにしてください。

12月初旬、発根し種の殻が割れ根が現れてきているクリスマスローズの発根した状態の根。12月下旬の様子根の長さは3センチから7センチほど
クリスマスローズの育て方 疑問と質問集 質問と答え Q&A

北国での花株の管理
北海道・東北地方・日本海側で雪に埋もれるような地域でのクリスマスローズの栽培管理は、太平洋側の地域とは若干異なります。
庭植えの場合で葉を切ったときは
落ち葉や藁などでマルチングをし、雪と寒風から株を守るために風よけをし花の季節まで株を雪に埋もれさせます。
鉢植えの場合も上記に準じますが寒風の当たらない場所に移動させたり、雪がこいをして雪解けの季節までそのままで置きます。
北海道などでは庭植えは強風や雪倒れに注意し、鉢植えなどでは暖房をしている室内には決して入れないで管理する。
日光の出ているときには十分に外気や日光に当てる。
地植えで最も注意しなければならないことは、雪解けの頃に雪に埋もれた株の葉芽や花芽が雪解け水に洗われるため
花のつぼみが腐ったりしますので雪解け水が溜まらないようにする対策を今の内にとる。

肥料と殺菌剤
秋から与え始めた肥料もリン成分が多いものを続けて与え続けます。
開花の季節になって灰色カビ病や立ち枯れ病に罹らないよう予防的に殺菌剤を株元を中心に用土にしみこむくらい散布しておきます。

クリスマスローズの植え替え
12月に入ってからのクリスマスローズ苗の植え替えには十分に注意しましょう。
すでに霜の降りる地域も多くなる季節ですが、同じ
市町村でも最低気温が町中と郊外では3〜5度の気温差が発生することも多く出てきます。
クリスマスローズ苗
発芽後2年未満のクリスマスローズを植え替えした場合の灌水は午前中に行うようにし鉢中に残った水が夜間に凍らないよう注意します。
植え替え後の霜よけが出来ない場合には翌年の2月末頃に行います。

古葉切り
クリスマスローズの茎元に発生した花芽は低い気温に触れ充実してきます。
同時に春に発生し
役割を終えた古葉はロゼット状(葉が横に倒れる様)に倒れてきます。
夏に軸基に出来た蕾と花茎が立ち上がろうとしていることからの現象です。
一般にクリスマスローズの古葉切りが推奨されていますが、古葉切りの目的は花茎の立ち上がりが古葉に邪魔されないようにすることと、庭や鉢中での見栄え、株の間の通風を多くし春先から多発する立ち枯れ病を未然に防ぐ目的ですので、切る切らないは個人の考えによります。

蕾が大きくなり伸びようとすると葉を押しのけるためにロゼット状に倒れてきます。
クリスマスローズの古葉切りが始まります
ロゼット状に葉を倒してきたクリスマスローズ
ロゼット状に横に倒れたクリスマスローズの古葉


冬の水やり 霜柱に注意
寒さが厳しくなる季節の水やりは出来る限り、晴れた日の午前中霜の溶けた頃の10時頃から12時頃までに与えるようにします。
午後遅くなっての水やりですと鉢の中にしみこんだ水が夜間の低温のため凍らせ用土を崩してしまったりして、用土の通気性を悪くし春先になってゼニゴケを生やしたりしますのでクリスマスローズに
水を与えるのは必ず午前中にします

殺虫剤・殺菌剤散布による薬害
殺虫剤及び殺菌剤共にクリスマスローズの開花した花に薬害を表すことがあり、薬品の使用に際しては十分に注意しなければなりません。
殺虫剤や殺菌剤は蕾・開花した花(特にピンクやホワイト・イエローなどの淡い色の蕾や花)に薬害を発生することが有ります。
これらの薬品は茎が伸びて
蕾がふくらむ前に使用するか、主に病気が発生しやすい株基にだけ散布するようにします。
やむを得ず開花時期に使用する場合には蕾や花にかけないように十分に注意してください。
新しい薬剤を使用する時には必ず本格的に薬剤を使用する1週間くらい前にテストを行い、薬剤を散布する時間は出来る限り早く乾くよう晴れた日の午前中に済ませるようにします。
花に現れた殺菌剤による薬害

クリスマスローズの蕾と枯れ葉
チベタヌスの蕾クリスマスローズの原種プルプラスセンスの蕾
蕾の出方や茎の伸び方などはその年の秋から冬の気温の高低によって変わってきます。11月から12月・1月にかけて冷気に十分に当たり低温にさらされた株は、2月頃からの気温上昇と共に茎を伸ばし花を咲かせますが、低温に当てないで開花させた場合には土際近くで初花が咲いてしまいます。
暖地では原種のプルプラッセンスなど一部のクリスマスローズなどは、花茎を伸ばさずに地際で最初の花を開かせる傾向にあります。
これらの事を避けて美しい花を効果的に咲かせるには、11月〜1月まで過保護にしないで冬の季節をクリスマスローズの花株に十分に教えておくことが大切です。

前年の春に発生した葉を枯らし花茎をのばし花を咲かせている地植えのアトロルーベンス
クリスマスローズのガーデンハイブリットの葉は秋も押し詰まった頃に茎から切り取りますが、一部の無茎種のアトロルーベンスやトルカータスなどの原種やそれらの原種を主とした親に使ったクリスマスローズは、寒さが厳しくなり霜が降りる頃になりますと葉本来の役割は終え茶色く変色し枯れてしまいます。
これは寒さが厳しくなると草のエネルギーを根に蓄え葉を枯らす性質があるからで、開花や生育には全く悪影響は有りません。
枯れた葉が見苦しいときには古葉だけを切り取って何ら問題はありません。
一度花を咲かせている株でしたら翌年気温が高くなり始めた頃には茎を伸ばし花を咲かせてくれます。