本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

若泉ファームのサイトにようこそ。お届けするクリスマスローズは最新花品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」、外覆輪のセミダブル「雅」、ホワイト糸ピコティ「First Kiss」、グリーンピコティ「翡翠」、赤い雄しべをもつ「卑弥呼」、 第四のクリスマスローズ「Shall We Dance」などオリジナル品種と、庭で楽しむガーデニングに最適なヤマアジサイを中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月はクリスマスローズ、4〜6月にはヤマアジサイの販売を行っています。

グリーンピコティ 翡翠

翡翠の植え替え

株分け
クリスマスローズハイブリットのグリーンピコティ翡翠です。
グリーンのハイブリットを母親に原種を交配して作り出しています。

グリーンピコティー 翡翠

初開花から4年、一週間ほど前に8号のポットから10号のポットに入れ替えました。
まだ蕾は蕾と解るまでには大きくなってはいません。
このサイズの鉢に入れ替えるまでは6号での初開花以来、8号、そして10号と鉢をゆるめるくらいにして、根は底根と鉢の周囲に回った根を軽くほどく程度で栽培してきています。
植え替えと同時に少しばかり邪魔になる葉を切り取っていますので本格的な葉切りは12月中旬まで待とうと思います。

このクリスマスローズはすでに株の中心には新しい芽は出てこなくなり板根のようになってきています。
30センチの鉢に入り、あと2年もするとクリスマスローズの中心部は完全に板のようになってしまい株分けも難しくなります。
しかし、このクリスマスローズは数を増やす目的と言うより大きな株にするためですのですのでそれも仕方がないのかも知れませんね。

2年後は、大きくなった株を、株の真ん中から4つに分けての株分け。
次のリンクページの下の方にある株分け後の姿と同じようになるでしょう。


クリスマスローズの株分け



 


クリスマスローズガーデン花と園芸の情報