本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

冬の貴婦人若泉ファームのクリスマスローズガーデンにようこそ。お届けするクリスマスローズは最新花品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」「雅」「Shall We Dance」、赤い雄しべをもつ卑弥呼やダブルの糸ピコティ、翡翠などオリジナル品種を中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月は直売を行っています。

クリスマスローズのお話し 花物語ジングルベル

サンタクロースの好きなクリスマスローズの花 ニゲル
ある年の末、ジングルベルの音楽が町に鳴り響き、シクラメン・シンビジュームなど、暮れの贈答用にと市場から仕入れられてきた色とりどりの花たちに囲まれた花屋の店の片隅に、雪のように真っ白なクリスマスローズのお花が並んでいました。

楚々としてうつむきかげんに咲くクリスマスローズの花を見る客は少なく、買い物客は歳末の混雑に紛れて、色あでやかで派手な花に目が移ってしまいます。

三日過ぎ、五日経ちクリスマスローズはそれでも一鉢ずつ売れていきました。

その花屋さんの店先に夕刻になると必ず立ち寄って、クリスマスローズを眺めている一人の小さな女の子を連れた女性がいました。

花を買うわけではなく、他の派手な花には関心が無いように、真っ白なクリスマスローズの花首に手を添え眺めて店員に「クリスマスローズの小首を傾けた白い花って子供の頃を思い出させるのね」などと店員に話し掛けるだけです。



そんな日が何日か続き、クリスマスローズはとうとう一鉢だけになってしまい、夕暮れ時その最後の一鉢を年老いた婦人が店員にプレゼント用にとラッピングを頼み
買っていってしまいました。


日が暮れる頃、いつものように子供を連れた女性はその花屋の店先に立ち、最後に残った一鉢のクリスマスローズが売れてしまったことを知ります。

店員に「とうとうみんな売れてしまったのね」と話し掛けて、、、、、

しばらくすると先ほどの女の子を連れた女性が雑踏の中を花屋に駆け込んで着ました。

店員は何事かとビックリしたようですが。

「最後のクリスマスローズをお母さんがプレゼントしてくれたの、私がいつもこの花屋さんでクリスマスローズを見ていたので今日私の誕生日だからってプレゼントしてくれたの」。

クリスマスローズ セミダブル ピコティ