本文へスキップ

クリスマスローズの育て方とガーデニング 花と園芸植物の販売情報

冬の貴婦人若泉ファームのクリスマスローズガーデンにようこそ。お届けするクリスマスローズは最新花品種コンテストで最優秀賞を受賞したニゲルとチベタヌスの交配種「絹」「雅」、赤い雄しべをもつ卑弥呼やダブルの糸ピコティ、翡翠などオリジナル品種を中心にネットショップにて種、苗、開花株を販売していますのでご利用ください。1月より3月は直売を行っています。

HELLEBORES Niger 原種ニゲル

原種ニゲル

HELLEBORES Niger 原種ニゲル
ニゲルは純白の花でヨーロッパなどではクリスマスの頃に咲くために「クリスマスに咲くバラ」「クリスマスローズ」の名を冠されたいへん人気のある原種で、ヨーロッパアルプスの東端からイタリア・ドイツ・オーストリア・旧ユーゴスラビアにかけて自生している。
育てるのは他の原種たちと比較して大変楽で大きな株に短期間ですることが出来る原種です。
ただし株の寿命は短いようで種子を採取しながら株の更新をするか、適当な大きさに育ったら株分けして更新をするようにする。
育て方や置き場所にもよるが蕾をたくさん付けて咲かせることが可能。
ニゲルには亜種とは異なるが、イギリスのマックルーィン氏がヨーロッパアルプスで発見したピンクから赤にかけての色を表すニゲル(サンライズ・サンセット)の変異を表した種類もある。HELLEBORES Niger 原種ニゲル
国によってニゲル、あるいはノイガー、ニガーとも、またはナイガーとも呼びなわされていますがニゲルの自生地はイタリアから旧ユーゴスラビアにかけて。
草丈は20センチから30センチ。草の寿命はごく短いようで株分けか実生での繁殖になる。
原生地での生育に仕方は大きな株は無く、木漏れ日の落ちるようなブナなどの広葉樹の森の縁に小さな株で咲いて大きな株は見当たらない。
薄暗い木立の中に白い花を咲かせているのは素晴らしいようだ。
寒気の早く来るヨーロッパではクリスマスの頃に純白の清楚な花を開かせるためもてはやされ、また自生地の性質が原因しているか不明だが赤やピンクに花弁の色に変わっている種類もあるのだが、通常花の色は白、花の雄しべの色が赤みを帯びた種もある。

HELLEBORES Niger 花弁を開き始めた原種ニゲルHELLEBORES Niger 原種ニゲル
余談になりますがHELLEBORESのニゲルはキリストが生まれた時に聖母マリアに少女が捧げた聖なる花とされている。
それはキリスト教徒の間に伝わっている伝説の上の話で、キリストが生まれたとされる現在のイスラエルには過去も現在もニゲルは自生してはいない。
当時は砂漠地帯ではなくこの付近にはヨルダン杉が生い茂っていたとも考えられ、現在とは砂漠地帯とは様相が全く異なっていたようだ。
この話は想像だが、昔のイタリアローマを中心にしてヨーロッパにキリスト教が広まった以後に作られた物語と思われる。
物語はキリスト誕生を神聖化したもので有るためキリスト教徒にとっては大切な物語と思われます。
2千年前のこの話が事実だとしたら、想像の限りを探り少女がキリストの誕生のお祝いにマリアに花を捧げたのが、もし事実ならひょっとすると原種のヴェシカリウスだったのかも知れない。
夢は2千年の昔の膨らむ。

HELLEBORES Niger 原種ニゲル原種ニゲルの蕾
クリスマスローズの代名詞になったヘレボルスの原種ニゲル。
この真っ白な花を見ますと心が洗われるような気がしてきます。

私自身、どちらかというとニゲルの花はあまり好みではありませんでした。
白い花は透き通っていてとても綺麗ですが、どうも花弁に癖があるのと花粉(梅の花の花粉に似ているため)の出方が気に入らなかったのが原因でした。
しかし色々と交配育種をしていきますと、あにはからんやこのニゲルを粗末に扱うと罰が当たる事に気がついた次第です。そして、このニゲルの株は別格。
素晴らしい白い花と整った花弁の形に魅了され今はニゲルが好きになったようです。

ニゲルとチベタヌス、またニゲルとベシカリウス。
奇跡的とも言われている交雑種を作るには、素性の良いニゲルの花が必要。
数日前にこの原種ニゲルにチベタヌスの花粉を付けました。
あと7〜8年はかかるかも知れませんが、新しい花を見ることができるようになるかも知れません。